商品や、地元周辺に関するちょっとした情報と日々の出来事を紹介しています。


by tsukudani_o

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

はみだし京*日記 弐

c0039736_1610794.jpg
はみだし京都旅二日目。
昨日とは打って変わった晴天の月曜日。
向かったのは、世界遺産「下鴨神社」です。



c0039736_16104397.jpg
c0039736_1610561.jpg

c0039736_16123621.jpg

c0039736_1613010.jpg

c0039736_16132875.jpg
みたし団子の発祥の地としても有名な「御手洗神社」があることでも有名ですが、糺の森とそこに生える「連理の榊」、さらにそこから縁結びの神様としても人気の「相生社」があります。
え、縁結びにお願いに行ったんだろうって? まあ、それはそうなんですが・・・縁結びって、確かに男女のこともそうなんですけど、すべてのものや人との「ご縁」を結んでいただく、という意味もあるんですよ。と言ってみたりして。(笑)
でも本当に、世の中にはいろいろな「ご縁」で結ばれて、いまがあるのだなぁ、としみじみ思います。

c0039736_1626841.jpg

c0039736_16263164.jpg
下鴨神社名物の「申餅」と、まめ豆茶を。
この「申餅」、140年ぶりに復元された小豆のゆで汁でついたお餅なんだといか。葵祭(旧暦四月のほぼ一ヶ月にわたり祭儀礼がおこなわれる)の申の日に神前に御供されていたものだそうです。
まめ豆茶の方は、お茶として飲んだあと、急須の中のお豆を塩をふって食べます。

さて、申餅を頂いたあとは、今年の干支関連の神社・・・「出町青龍妙音弁財天」へ。
なんと、四月二十二日は「春季祭」で、ちょうど読経が始まったところでした!! えーっと、境内には蛇の描かれた瓦や、蛇の絵などが飾られているということなのですが・・・・・・なにせ、人人人で、とても入口より先まで入っていけず、とりあえずその場に立っていたら般若心経の書かれた紙をいただいて、一緒に読経を。
まさか、そんなふと思いついて「干支の神社、今年は行ってないから行こうかなぁ~」と朝思い立って、ホテルで場所を確認してふら~っと立ち寄ったのに、「春季祭」をやっていた、っていうのも、ひとつの「ご縁」だと思いました。
さてその後、法話が始まり、とてものんきに境内を歩きまわれそうにもないので、蛇の絵や瓦は諦めて、次の目的地へ。

c0039736_1632548.jpg

c0039736_16331713.jpg
やって来たのは、「本満寺」。
実は迷いまして・・・^_^; 相国寺へ行くのに、適当な角で曲がっちゃったら工事中で横に入れなくなり、仕方なくひたすら北へ向かって歩いていたところに、出会ったのがこのお寺。
八重桜が見事に咲いていたこともあって、ふらふら~っと境内へ。(笑)
お参りと境内の八重桜&ぼたん?シャクヤク?を見せていただきました。
あとで調べたら、しだれ桜が有名なお寺だったようです。が、散った後で気づきませんでした・・・


さて、ようやく見つけた「相国寺」。こちらで有名なのは、「鳴き龍」ですね。
法堂のある場所で手を打つと、それが天井に描かれた雲龍図と共鳴、反響(?)して、かたかたと音がする。それが龍の鳴き声に聞こえた、という。
実際、法堂の別の場所で、ほかの人が手を打っているのを聞いていても、全然何も聞こえません。手を打つ音だけが響くのみ。
ところが、畳一畳分ほどのスペースで手を打つと・・・「あ、聞こえた!」と感動します。
思わず、三回から四回くらい叩いて聞いちゃいました。(笑)
雲龍図を見上げていると、首が疲れちゃうのと、めまいを起こします。<上を見すぎ
このあと、開山堂では素敵な枯山水のお庭をのんびりと眺め。浴室の作りに、へぇ~と感心。


c0039736_163531100.jpg

c0039736_16355346.jpg

c0039736_16361441.jpg
地下鉄に揺られて向かったのは、「六角堂」の名で親しまれるこちら。
鳩のおみくじも可愛いのですが、境内にいる鳩の多いこと多いこと。人が歩くと集団で後をついてくるのが、ちょっとした恐怖^_^;
お参りをすませ、お守りとおみくじをいただいた後は、このまま真っ直ぐに通りを歩いて三条へ。
よーじやとパン屋さん(グランマーブル)を見て回ってホテルへ戻りました。


c0039736_1639152.jpg

c0039736_16391736.jpg

c0039736_163930100.jpg
さて、最終日は・・・八坂神社へ。
今回は、境内をぐるりとひと巡りして、忠盛灯篭や刃物神社(刃物発祥の地)を見てきました。
忠盛灯篭は以前も見たことがあったのですが、刃物の発祥の地があるとは今回初めて気付きました。
[PR]
by tsukudani_o | 2013-04-30 15:23 | はみだし旅*日記(高梨) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsukudani.exblog.jp/tb/19890334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

株式会社 大谷政吉商店
東京都大田区本羽田3-24-11
明治20年創業以来続く、老舗の佃煮屋です。
お散歩、サイクリング、ウォーキング、ドライブの際、お立ち寄りいただければ幸いです。
ブログ担当:高梨

*アクセス




<リンク集>
大谷政吉商店 会長日記
日本食品新聞社
大田観光協会
穴守稲荷神社
そめの登鈴

カテゴリ

お知らせ・ご案内
レシピ
はみだし日記(高梨)
はみだし旅*日記(高梨)
会長日記(大谷)
佳代子さんの幼稚園日記

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

タグ

画像一覧

記事ランキング

最新のコメント

> ちょっとお聞きしたい..
by tsukudani_o at 10:28
突然コメントを書き込んで..
by ちょっとお聞きしたいんですが at 11:40
> おやき 夕焼け様 ..
by tsukudani_o at 12:58
第62回 朝日杯フューチ..
by 朝日杯フューチュリテ at 18:40
穴守稲荷のお茶会に母が数..
by おやき 夕焼け at 20:28
> あうんのやっちゃん様..
by tsukudani_o at 17:26
モンドセレクションの授賞..
by あうんのやっちゃん at 11:42
> 横山様 いつもコメ..
by tsukudani_o at 12:08
春の花の紹介やら、心にこ..
by 横山 力 at 11:42
> s.mikami様 ..
by tsukudani_o at 14:41

ライフログ


大田区本 (エイムック 2780)


東京23区おみやげさんぽ (地球の歩き方Books)


田沼敦子のおいしさおすそ分け


るるぶ大田区 (るるぶ情報版地域)


散歩の達人 2011年 09月号 [雑誌]


るるぶ大田区


京急沿線


大田区Walker


日本人の知らない日本語


日本人の知らない日本語2


日本人の知らない日本語3  祝!卒業編


日本人の知らない日本語4 海外編

検索